外壁や屋根など住宅を長持ちさせるための室外リフォームでは、良い業者選びがとても重要です。

ブラックアウトに備える

看護師と患者

家庭用があるだけでも

2011年3月、東北地方を含む東日本では未曾有の大災害に見舞われることになりました。災害の大きさには日本国民が言葉がないほどの悲惨で、その後復活に相当な時間を要するものでした。大震災によって東京電力の原発事故が起きてしまい、自宅でも発電が出来る太陽光発電が注目を浴びましたが、同時注目を浴びたものに家庭用蓄電地がありました。災害時に電力ないことで不便な生活を余儀なくされてしまい、非常用の電源として電気を蓄えておくことが出来る家庭用蓄地電に注目されることになりました。家庭用蓄電地には、定置式蓄電地と移動式の蓄電地に分けることが出来、定置式蓄電地本来の仕事は、群馬県内における電気料金の削減と省エネとなっており、当然停電時のバックアップ用と利用されることにもなります。これに対し移動式蓄電地は、緊急時に一時的に使うことを目的として、容量が小さくなっていることから、長時間の使用や大容量には対応出来ない場合が出て来ます。現在、群馬県を含む日本では、東日本大災害級の地震などがいつ襲って来るとは限らない状態になっている上に、気候変動のためか大雨災害も多くなっています。また群馬県内も北海道で起こったブラックアウト状態にならないとも言えないことや、地震大国に大雨災害が増えることで、緊急避難の用意が常に必要です。電気のない暮らしは考えることが出来ず、そのためにも群馬県内でも家庭蓄電地を用意することが必要な時代になりました。

Copyright© 2020 外壁や屋根など住宅を長持ちさせるための室外リフォームでは、良い業者選びがとても重要です。 All Rights Reserved.